latest Post

コト売り・お子様ランチのご提案

こんばんは!里舘です。

ブログ更新の間隔があいてしまい、申し訳ありません。
今日からまたエントリいきますので、よろしければお付き合いください。

さて、今日は「コト売り・お子様ランチのご提案」。

お子さまをお持ちの皆様、こんな経験ないですか?

「お子様ランチを頼むと、だいたい中身が決まっている」

「お子様ランチを頼むと、そのお店の料理と違うものが出てくる」




画像参照元:長崎よかナビ! 海の見えるレストラン SAKURA HOUSE
http://www.nagasaki-yokanavi.net/shop/shop.shtml?s=762&e=312&t=26

リンク先にもある通り・・・

(1)キャラクターがいて

(2)量目と品目が合っていれば

お子さまはペロリと全部たべてくれます(^^)

今日は、その先の話。

「子を持つ親が、子供に食べてほしいもの」という切り口でお話します。



当ブログをご覧になっている方なら、恐らくどこかで一度は聞いたことがあるかもしれません。

ライフタイム・バリュー」という考え方。

ざっくり言いますと、お客様から得られる収益が、一度きりでなく、人生においていくら払ってもらえるか?という考え方です。

このライフタイム・バリューの考え方を導入すると、

食品スーパーさんなら「普段の主婦の皆様」をターゲットに「暮らしをサポート」で訴求する。

自動車ディーラーさんなら「管理台帳のお客様」をターゲットに、「メンテナンスお任せ下さい!」「ライフスタイルに合った車の提案」で訴求する。

ホームセンターさんなら「DIY購買層」をターゲットに、「日曜大工教室」等を訴求する。

などなど・・・。


で。今回、なぜお子様ランチか?という話。

実は・・・お店のメニューとは独立してお子さまランチを組み立てると、

子供と「おいしかったね!」のシェアができないんです。

実名は出しませんが・・・親子丼の専門店さん。

お子様ランチの中に、小鉢の「親子とじ」を入れてもいいじゃないですか。もったいない!

さらに・・・素材にこだわり、添加物にこだわり・・・そんな飲食店さん。

子を持つ親なら、健康的なあなたのお店の食材を、食べさせたいと思いますよ!もったいない!

そうして、「親が子供ともう一度来たい店」を、お子さまランチで演出する。

リピート率がグン!と上がるはずです(^^)

これが「お母さんの食育をサポート」するお子さまランチのご提案です。

特に・・・子連れ率の高いフードコート立地の方におすすめ致します。



自分自身の個人的な話で恐縮ですが、

あまり「お子さまランチ」の思い出ってないんですよ・・・食べたはずなのに。

子供のころの記憶で覚えているのが、釜石市・新華園本店のかたやきそば。

やはり「おいしかったね!」の記憶をシェアできるほうが、ライフタイム・バリューは上がります。


そうは言っても原価が・・・手間がというご意見。わかります。

それでは無料ですぐできるプチ提案。

お子さまランチの上のっているデザート(プリン、ゼリー、etc)

食後に提供してみてはいかがでしょうか。


特に小さいお子様の場合・・・食事の前に「デザートはごはんの後!」のやり取りをするのが、

非常に手間です。食事前からご機嫌ナナメなんていうことも(実話)。

ランチタイムにコーヒーサービス等行っているお店であれば、

ほんの少しの手間でできると思います。是非やってみてください。


長文お付き合い頂き、ありがとうございました!

里舘でした。

About 里舘智大

里舘智大
Recommended Posts × +

0 コメント:

コメントを投稿