latest Post

最速フィード!やる気と感動の祭典17 1日目

こんばんは!里舘です。

本日、食品スーパーの最前線・最大級セミナー、やる気と感動の祭典17の1日目が開催されました!

残念ながらパソコンを置いてきたので、本日お世話になった皆様向けに、
短文、順不同でエントリ致します。

半分備忘録のようになっております、ご了承下さい(^_^;)

1.管理栄養士を活用したデリカについて

ご検討の方、できる限りお急ぎ下さい!
実はこんなところにも、中国の爆買いの波が来ているようです。

中国でも栄養士資格はちゃんとあるのですが、
収入が少ない、社会的地位がそんなに高くない等の理由で、
富裕層を中心にした健康需要に、
栄養士が全く足りていないそうです。

そこで今、日本の管理栄養士さんが注目されています。

ということは、、、?

2.チラシのリーチが減少した先のこと

webよりスマホ、スマホよりアプリなわけですが、

cookpad特売情報や
Shuhooのような「モノ売り」じゃなく、

コト売りの地域密着アプリ、
出来ないかな、と。

1社でやるのではなく、
コト売り志向のすべての商人が
使えて、
手軽に、ダイレクトに、
地域のお客様にリーチできて、
新たなシェア同期になるような、
そんなアプリ。

よし、やってみよう。

コト売りだから、
アイコンはコトリがいいですよね。
(形から入る悪い癖)

3.糖質カロリー、その他軽減弁当について

ターゲットの可処分所得が多くないのであまり考慮していないのかもしれませんが……今後の日本のために書きます。


若者女性の平均摂取カロリーが、
今、戦後最小なんです。

今日の文化堂さんの発表にありました「セルフィー女子」に対しては、
そのあたりも訴求点にできないかな?と。

この摂取カロリーの低下は、マルヨシセンターさんの発表にもあった「温活」にも直結しますしね。

少ない量でもカロリーはしっかり。
そんな需要も今後あると思います。

4.ハイパーローカル

今日懇親会の席で、
気仙沼のカツオ、脂がのってあれは美味しいですよね!という話を頂きました。

個人的には……しまんとはまやさんの龍馬タタキのほうが余程美味しそうに見えました。

物流が、商流が通っていて資源がある地域でも、

製法のハイパーローカルが
できるんじゃないかな?

続きは仙台に帰ってからまとめます!

ちなみに今日、入場整理券1番を狙っていったのですが20分及ばず……

なので今日はこの辺で!

里舘でした!



About 里舘智大

里舘智大
Recommended Posts × +

0 コメント:

コメントを投稿